住宅の買い替えの際に所得税がかからない制度が導入された

現在居住している不動産を買い替えた場合にお得に鳴るシステム

平成10年には、居住していた所有期間5年超の住宅を売却して新しい住宅に買い替えたケースでは、古い住宅の売却損を他の所得と相殺でき、売却年に相殺しきれない場合、3年間繰り越して所得から差し引く、つまり、売却損相当額を所得から控除できる制度が導入された。住宅を買い替えれば、所得税がかからない制度の導入である。例示して説明する。郊外から都心に住み替える、あるいは都内のよりよい場所に住み替えるため、郊外に過去に購入した住宅を売却し、1800万円の売却損が出たとする。

その人の課税対象となる年間の給与所得が600万円であれば、その年の所得税と翌年および翌々年の3年間の所得税はゼロになる、という制度である。この制度の導入で、都心部のマンションの売れ行きが好調となり、マンションの買い替えブームとなった。この制度も時限措置だったが、これまでに三回延長され、平成21年=1月31日までに売却したものまでが有効となっている。

この税制改正は、高額物件への買い替え需要促進策である。この結果、郊外の中古住宅相場は急速に値下がりしていった。持家の中古相場の値下がりによって資産が減少し、売却損が大きく、所得で返済できないため、この恩恵を受けたいが受けられない低所得者層が増えた。見方を変えれば高所得者優遇の税制ともいえよう。前回のバブル崩壊後、銀行系列のローン保証会社はほとんどが経営破綻した。都銀、長銀、信託銀行などが共同で設立した住専七社もすべて破綻した。住専七社と同様に機構には過去の延滞債権もあると見られている。政府はその内容を明らかにしていないが、これまでに9000億円程度に達しているとの見方もある。
私は5年前にこの土地に引っ越ししてきました。ある日、家に帰るとパトカーが止まっていてビックリしました。泥棒が逮捕されたようなのですが、捕まえたのは営業中の不動産業をやっているあの寒川登代志さんでした。
最近ニュースで災害など緊急時 燃料備蓄をしている企業の特集を見ました。我が家も北海道の特に冷える地域なので、暖がとれないと大変だと思い、保管をしておくことに決めました。


新着記事
2014/08/28 注目情報を更新しました。
2014/08/24 新着記事を更新しました。
2014/08/23 共通する傾向を更新しました。
2014/08/20 銀行の収益を圧調を更新しました。
2014/08/18 終身雇用の慣行を更新しました。
2014/08/16 民間ローンの金利を更新しました。
2014/08/15 現在居住している不動産を買い替えた場合にお得に鳴るシステムを更新しました。
2014/08/12 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
高齢者向け優良賃貸住宅/札幌市アパマンショップHOME'S
札幌市による高齢者向け優良賃貸住宅の、特徴、入居条件、一覧などが載っているサイト。賃貸物件の総合情報サイト。住所、地図、駅、路線、キーワードなど様々な条件で検索することができる。賃貸[賃貸マンション・賃貸アパート・賃貸一戸建て]の物件情報から、希望の賃貸住宅・賃貸情報を検索。